• 森林整備によって、副次的に生み出される山の恵みをおすそ分け
    Pocket

    あなたが格安で山林を手に入れる方法

    林業家以外でも山を入手したい人はたくさんいると思う。

    私も、当キャンプ場を手に入れるまで随分と時間がかかった。

    なぜなら、山林を所有している人の多くが親から相続したものであり、売りに出ていないからだ。

    もし、売りに出ている物件があったとしても別荘用の高額なものしかない。

    ではどうするか、先ほど売りに出ていないと言ったが、そもそも地主は山が売れるとは思っていないのである。

    だから、自分の条件に合った売買情報をインターネットや不動産屋で探すのではなく、まずは実際に入手したい地域の山に行って自分が気に入る場所を探すのである。

    景色がいいところ、道から近いところなど人それぞれ、条件があると思う。

    インターネットに公開されている売買情報に自分の条件を合わせるのではなく、あくまでも自分の条件にわがままである事が重要である。

    山を歩き回り、お気に入りの場所が見つかったら(私はここまで10年かかった)集成図を市町村にもらいに行く。

    集成図とは土地の境界が示された地図で、地番が分かるものである。これは役所の用地科などで手に入る。

    境界と地番が分かれば、今度は地域の法務局に登記簿謄本(不動産用)をもらいに行く。

    登記簿謄本とは不動産の所有者を国が証明するものである。

    登記簿謄本が手に入れば、地目や面積、所有者の名前、住所がのっているので、あとは地主との交渉次第である。

    ちなみに、電話番号はのっていない。

    地目が山林であり、家を建てる意思がない場合は、宅地建物取引士の媒介を必要としないので手数料もかからない。

    これがあなたのわがままな条件の山林を手にいれる方法だ。

    業者を通さず、自分の足で稼げば格安で手に入れることも可能である。

    あなたが格安で山林を手に入れる方法(その2)