• 森林整備によって、副次的に生み出される山の恵みをおすそ分け
    Pocket

    本日は20代のうちに読書したほうがいい、アウトサイダー文学を紹介します。

     

    そもそも読書しない若者が増えているが、読書はしたほうがいい。

    また、現代のものより、質の問題を考えるとやはり古典がいいだろう。

     

    ルイフェルディナンセリーヌの『世の果ての旅』

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アウトサイダーとは社会からはみ出してしまった人、自らの意思ではみ出した人のことで、

    そのような人が書いた文学である。

    社会の外の人なので相当な変人なのだが、外側からだからこそ真実を書くことができるのである。

    この本には人生の全ての感情が描かれている。

     

    私は二十歳の時にこの本を読んでから、敗残の美学に取り憑かれている。

    読んでない人は、30代でも、40代でもまだ間に合うので、一刻も早く読んだほうがいい。

     

    この本を読んで琴線に触れるものがなければ、あなたは旅人ではない。

    当キャンプ場にきても、泊まる場所はないでしょう。