• 森林整備によって、副次的に生み出される山の恵みをおすそ分け
    Pocket

    標高の高い場所に生息する、落葉針葉樹です。

    凄い生命力を感じますよねぇ。写真の場所は標高1500mです。

    これより標高が高くなると樹種もコメツガ、シラベ、ダケカンバなどに変わっていきます。

    この木はカラマツです。

    山師の間ではテンカラと呼ばれ、植林のカラマツと区別するための呼び方です。他にテンピ(天然ヒノキ)、テンスギ(天然スギ)などと呼ばれています。

    ちなみにこのテンカラの後ろに生えている電柱のような真っすぐな木が植林のカラマツです。

    この差は何なのでしょう?同じ樹種なのにエネルギーの差に愕然とします。